楽団紹介

ライツ室内管弦楽団の紹介

 

1993年、オルフェウス室内管弦楽団を目標に、その当時すでに多彩な活動歴、受賞歴を持つメンバーで結成される。
自主定期演奏会のほか、コントラバスの神様といわれるゲーリー・カー氏、ウィーンやドレスデンの劇場で活躍中のオペレッタ歌手、ヴォルフガング・ドッシュ氏との年一回の日本公演をはじめ、漆原 啓子氏(Vn)を迎えての弦楽四重奏、伊原 直子氏(M.Sp)、寺谷 千枝子氏(M.Sp)との演奏会など、常にハイレベルの研鑽に心がけている。

また、数年前から参加している、神戸の元町ミュージック・ウィークで開催のファミリーコンサートは人気が高く、毎年多数の申し込みがある。

クラシックに捕われず、総ての音楽ジャンルに於いて、常に舞台と客席との一体化を目指している。特に幼稚園や小学校の子供達を対象とした学校公演では、斬新な企画と高度な演奏で高い評価を得ている。

ライツ室内管弦楽団のについて

団体名 ライツ室内管弦楽団
代表者 南出 信一
事務所 〒673-0862
明石市松が丘1-19-301
電話・FAX 078-914-3795
MAIL ADDRESS shinbe1@mac.com

フォトギャラリー

※写真をクリックすると拡大します。